子供にはちょっと贅沢?そんな花火大会の鑑賞方法とは

子供にはちょっと贅沢?そんな花火大会の鑑賞方法とは

今年で12回目を迎える、福津市納涼花火大会、今年は8月7日(日)に開催されます。

海上から打ち上げられる花火が水面に反射して美しく、花火大会で有名な大濠、久留米、門司港と並んでおすすめしたい花火大会のひとつです。

今回はこの花火大会を子供と一緒に楽しむための裏技をご紹介します。

花火大会で重要なことといえば、交通の便、そして花火が確実に見えるスポットだと思います。

福津市納涼花火大会では、臨時駐車場として2500台分の駐車スペースを宮地獄神社や福津市役所に設けてあります。
しかし、これが花火大会の会場まで遠いこと。

そしてなにより、移動中の人混みにはうんざりさせられます。
ましてや、花火大会終了後の移動、渋滞を考えただけで、もう行く気が失せてしまいます。

そんな状況になってしまうと花火大会中はまだしも、帰りには子供もぐったりしてしまいます。

そして、仮に駐車できたとしても、穴場スポットは埋まってしまい、人混みの中、路上で花火を見ることになるのです。
せっかく子連れで行く花火大会ですから段取りの悪いことはしたくないですよね?

そこでおススメなのが、花火大会の会場近くのお店です。
大型ショッピングモールなら屋上で花火を見ることが出来ますし、帰りの混雑を避けるための時間つぶしも涼しい施設内で過ごすことが出来ます。
また、大きな窓があったりテラス席のある飲食店なら、子供と一緒にお茶を飲みながら、美味しいご飯やスイーツを食べながら、花火大会をまったり鑑賞なんていうのも可能です。

ただ、考えていることは皆同じ・・・
早目に席指定の予約を入れて、花火の良く見える席を確保しておきましょう。

そうそう、福津市ではプレミアム席として、協賛額30000円以上を支払った方に対し、特別中央貸切席を用意しています。
子供にはちょっと贅沢かもしれませんが、金銭的に余裕のある方はこんな花火大会の鑑賞方法もありだと思います。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

要注意!子連れ花火大会は事前準備と持ち物が重要

子供のためにも花火大会で絶対に気を付けて欲しい事

東京近郊で子供向けの花火大会と、子供に不向きな花火大会

ズバリ教えます!穴場の花火大会と持ち物便利グッズ!

子連れ花火大会の必須アイテム!ゲーム機、おやつ、エアークッション!

貯蓄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする