憧れの花火大会!準備、持ち物、気を付けないといけない事は?

憧れの花火大会!準備、持ち物、気を付けないといけない事は?

私は去年、友人たちと地元の花火大会に行きました。そのときに感じた、気をつけることを紹介します。

まず、花火大会に持って行くと便利な持ち物です。

エアークッション(携帯座布団)は、絶対に持って行くのがいいと思います。

花火大会は待ち時間も含めると長時間になるので、絶対に座って見ることになると思います。

すると、せっかくの浴衣が汚れてしまうのは困ります。

レジャーシートだと汚れは防げてもすぐにお尻が痛くなりますが、エアークッションなら何時間座っていてもお尻が痛くなりません。

ですので花火大会の持ち物としてエアークッションはマストアイテムです。

あと、花火大会は野外の仮設トイレを使うことになるので、すごく混むと思います。

できるだけ、会場に到着する前にどこかでトイレをすませておくのが無難です。

どうしても行かなければならないときは、同性の友達と2人以上で連れ合って行くこと。

昨今は誘拐事件なども多いので、特に子供もは要注意です。

お金を持って行きすぎないことも、注意すべきことの一つです。

花火大会に出るような屋台は、たいていテキ屋がやっています。

しかも、周りに他に食べるところがなかったりするので、かなり値段をぼってきます。

欲しいものを全部買っているとキリがないので、持って行くお金を制限して、お金を使いすぎないことが大事です。

そして最後に心得ておくことは、帰りの電車はめちゃくちゃ混むので、大学生の友だち同士で行く場合などは、門限などに余裕を持って行くべし、ということです。

私たちの場合は、あまりに電車が混んで乗れないので、数名の家のある隣の駅まで歩いて帰りました。

残りの子供たちはそこから電車に乗りましたが、やはりなかなか乗れなかったろうと思います。

花火大会の近辺で時間を潰せそうなスポットを見つけておいて、そこで時間を潰してから帰るのも手です。

以上、私が実際に花火大会に行って感じた気をつけるべきことでした。

皆さんも、マナーを守って、この夏を楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする