長岡花火大会を子供と一緒に快適に観賞しよう

長岡花火大会を子供と一緒に快適に観賞しよう

夏の風物詩の花火大会。

私は、地元で日本三大花火大会の一つである、長岡花火についてお話させていただきます。

新潟県長岡市に8月2日、3日に開催される歴史のある花火です。

1945年の長岡空襲のからの復興を願っての花火となります。

普段は人通りに多くない長岡もこの日は全国から人が集まってきます。

持っていくと便利なものは、レジャーシートとエアークッションがあれば、無料席でも十分に楽しむことができます。

服装は田舎なので、浴衣でなくてもいいです。

私服で花火大会に参加する人の方が圧倒的に多いです。

それと夜で、河原で上げる花火になるので、虫除けを持っていくと安心して見れます。

人通りは非常に多いですが、道も広いので手を握っていれば子供とはぐれることはありません。

混雑する花火大会では子供が迷子になる不安が常につきまといますが、ここでは子供も安心して参加する事が出来ます。

そして、目玉の橋に花火がかかる演出があるのですが、それは有料席でないとみれません。

花火大会の場所とりは自由席の場合のみに行います。

花火大会の会場はとても広い場所なので、レジャーシートを敷いてエアークッションを並べておけば場所を取られる事はありません。

花火が始まってからでも十分スペースはあります。

花火大会の穴場スポットは近くのショッピングモールの屋上です。

花火大会の会場付近にはイオンやリバーサイド千秋というショッピングモールがあるので、お勧めです。

また、車できた際でも、近くの銀行の駐車場に停めることができるので、問題はありません。

しかし、帰りは車だと非常に込むので、新幹線か電車の方が帰りは楽です。

車ですと少し早めに帰らないといけないので、最後まで花火をみることができません。

TPOにあった観賞方法、交通手段を選択していただければ快適に花火大会を楽しめると思います。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

エアークッションを持って子供と花火大会へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする