花火大会の浴衣の透け問題を解決しよう

花火大会の浴衣の透け問題を解決しよう

花火大会のお約束と言えば浴衣。

恋人にお願いされたり、友人みんなが浴衣だからと花火大会で浴衣はすでに定番になりつつあります。
しかし、浴衣は気をつけないと恥ずかしい思いをしてしまうこともしばしば。特に気をつけなければいけないのは下着です。

浴衣はそもそも湯上がりの時や肌着の代わりに着るようなものでしたから、和服のようにしっかりとした素材ではなく、薄い素材で出来ているのものです。
そのため、普段着感覚で浴衣を着てしまうと、自分の下着が浴衣から透けて見えているのに気付かずに花火大会で歩き回るという恥ずかしい事をすることになります。

このような下着の問題を解決する方法は大きく分けて2つあります。

まずは濃い色の浴衣を選ぶこと。
ピンクやブルーの浴衣は色が薄いため、下着の色が透けて見えることが多くなります。

特に気を付けなければならないのは白。
白の浴衣は完全に透けてしまうので、最も恥ずかしい思いをしやすい色と言えるでしょう。
逆に、紫や紺などの色が濃い浴衣を選べば、普段使っているような下着でも透けることはほとんどなくなります。

ですが、自分のお気に入りの浴衣が薄い色という場合もあるでしょう。
その場合は下着の色に注意しましょう。下着の色が黒やピンクなどのはっきりとした色の場合、浴衣から透けて見える可能性は上がります。
したがって、浴衣を着る際には肌色に近い色合いのものを着用するのがベストです。

このように浴衣を着た際の下着が透けるという問題を解決するには、意外と気を付けなければならないことがあるのです。
もし、面倒くさいと思うのであれば、和装用の下着を一着購入するのが最も手軽な解決策です。

そして最後に、せっかくの浴衣を汚さない様に敷物を持って行きましょう。
汚さない目的だけならレジャーシートでもいいですが、長時間座っているとお尻が痛くなってしまうので、エアークッションや折りたたみ座布団の方が絶対に良いと思います。
直前に空気を入れればいいので、持ち運びにはかさ張りません。

花火大会会場は人が多いため、ゴミも多く地面も汚れています。気を付けましょう。

 当サイトおすすめ記事はこちら 

エアークッションは花火大会に行く時のおすすめの持ち物です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする