男性がデートで花火大会に行く時の注意点

男性がデートで花火大会に行く時の注意点

夏のイベントとして挙げられるのが花火大会ですが、男性が付き合っている彼女とデートする時に行く事も多いと思います。
そこで男性が彼女とデートで花火大会に行く時に注意しなければいけない点をしっかり確認しておきましょう。

花火大会は基本的に大勢の人が来場します。
人混みの中で花火を見る事が多いので、特に見やすい場所は混雑してしまいます。
そのためあまり目立たないけど意外と見やすい穴場となるスポットを探しておきましょう。

彼女とのデートの時はゆっくり花火を見る事が出来る準備をする、という事も大切になってきます。

彼女と花火大会に来た時は穴場となるスポットの他にトイレ、屋台の場所などもしっかり把握しておきましょう。
あまり把握していないと歩き回る事になるので彼女も大変になってしまいます。
花火大会の時は彼女は浴衣で来る可能性が高いので、その辺りにも気を配りましょう。

子連れの場合でも同じですね。
会場に着いたら辺りを見渡して、はぐれた場合に目印になる目立つもの等と一緒に、奥さんや子供に伝えてあげるといいですね。

浴衣の彼女の為に敷物を用意していく、というのも良いですね。
その場合、レジャーシートよりエアークッションやポータブルクッションのような物の方がお尻が痛くならないのでおすすめです。

花火大会は夜に開催されるので太陽の日差しを浴びる事もなく、昼間に比べて比較的暑さは和らいでいます。
しかし湿度が高くて蒸し暑い事もあるので暑さ対策をする必要があります。
特に彼女が熱中症にならないようにタオルやうちわなどを用意してあげましょう。

またスポーツドリンクなど塩分が含まれている飲み物も用意しておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする