最高の花火大会にするには準備が必要

最高の花火大会にするには準備が必要

花火に行くときは、ただ見に行くのと万全な準備をしていくのとでは、その日の楽しみ方が大きく変わります。

ただふらっと花火大会に行くのではなく、快適に花火鑑賞できるようにするには準備が必要です。

まず忘れてはいけないのが、レジャーシートです。
階段で座ってみるという方もいるかと思いますが、レジャーシートを持っていくことで、より広い場所を確保できます。
そのため、寝転んで花火を楽しむことが可能です。
座って見上げて見る花火も良いですが、寝転んで見る花火はまた違った表情を見せてくれます。

長時間座る事になるため、お尻に優しいエアークッション、空気クッションも必須です。
寝転ぶ場合も、エアークッションがあるのとないのとでは快適さが全然違います。
レジャーシートで場所を確保して、エアークッションでより快適な観賞が出来るという事になります。

良い場所さえ確保できれば、目の前に花火が打ちあがり、自分の上に花火が降ってくる感覚さえ味わえます。
せっかく花火大会まで出向いているのですから、最高な状態で花火を見れたほうが、より思い出に残ると思います。

ただ、子供によっては花火が近いと怖がる場合もありますので、注意してあげましょう。

また、うちわや携帯扇風機も必需品です。
花火大会は大抵夏に行われます。
華やかな花火大会とは裏腹に、暑さという過酷な環境が待っています。
そんな屋外でうちわは馬鹿にできない存在になりますので、ぜひ持参することをお勧めします。

また、関連するものとして汗ふきシートもあると便利です。
想像以上に汗をかくので肌がベトベトになります。
デートなどで行く場合、ふと腕が触れた時にべっとりなんて嫌ですよね。

以上のように、花火には万全の準備をしていくとより快適に楽しめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする