花火大会は子供が楽しめるよう、子供目線で場所や持ち物を選ぶべき

花火大会は子供が楽しめるよう、子供目線で場所や持ち物を選ぶべき

花火大会と言えば学生の時には友達や彼氏と、結婚すると旦那さんと、そして子どもができると家族みんなで・・・

と、様々な楽しみ方がある花火大会ですが、今回は子供と花火大会に行くときの注意点を紹介したいと思います。

私には6歳の息子と4歳の娘がいますが、二人とも音にはとても敏感で、花火は見たいがうるさいらしく、花火大会に行くと常に耳をふさいでいました。

大人からすると手持ち花火ではなく、大きな打ち上げ花火を子供に見せてあげたいと思いますが、うるさくて泣いてしまう子供もいます。

なのでまだ子供が小さいうちは花火大会の会場から離れて、もしくは車の中で楽しむようにした方がいいと思います。

花火大会の会場からは離れているので露店は楽しめませんが、子供が泣いて大変になるよりましだと思います。

子供がある程度大きくなって花火が怖くなくなると、子供は花火よりも露店に並ぶくじやキラキラしたものを欲しがるようになります。

食べ物でつられているうちはいいのですが、一度欲しがると来年も、またその次の年もとなっていくので注意してください。

そして子供が楽しむことを第一に考えて、お父さん、お母さんの服装は動きやすい服装がいいですね。

露店に並ぶ色々なものを買って食べさせていると、こぼしたりこぼされたりして洋服が汚れる可能性が大きいと思います。

浴衣だと自由に動けないのである程度子供が大きくなってからにした方がいいかもしれません。

子供目線を考慮した花火大会についてポイントをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

私の子供に見られる傾向として書きましたが、少しでも当てはまる方は参考にしてください!

 当サイトおすすめ記事はこちら 

要注意!子連れ花火大会は事前準備と持ち物が重要

子供のためにも花火大会で絶対に気を付けて欲しい事

東京近郊で子供向けの花火大会と、子供に不向きな花火大会

ズバリ教えます!穴場の花火大会と持ち物便利グッズ!

子連れ花火大会の必須アイテム!ゲーム機、おやつ、エアークッション!

健康マニア

相互リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする