我が家の迷子対策&子連れで花火大会をのんびり楽しむ方法

我が家の迷子対策&子連れで花火大会をのんびり楽しむ方法

私は、花火大会が大好きで毎年この時期を楽しみにしています。
近場では、3箇所で大きなお祭りがあり花火をあげるのですが、私は人混みが苦手で、暑いのも苦手なので一番近所の地元の花火大会にしか行きません。

お祭りには、夕方頃まで顔をだします。
服装は、浴衣は誰かに着付けを頼まないといけないため毎年私服ですが、結構お気に入りの服を着るなど、気合を入れていきます。汗だくになってしまうのは悲しいですが…。

2歳の子供がいて子供も一緒につれていきますが、自分で歩くため迷子になりそうなので、お祭りの屋台で売っているキラキラ光る装飾品をまず購入して娘につけます。

娘はキラキラ光る珍しいアクセサリーにとても喜びます。
なるべく派手なものを付けて、暗くなった時でも目立ってすぐに見つけられるようにします。

花火の時間の30分くらい前になったら、お祭りの会場が混んでくるので、車が混まないうちに移動します。

花火は中海で上がるのですが、祭り側とは反対側の場所へ移動します。
そこは岸壁で、山を超えたところにあります。

道も狭く、暗いので、行くのには時間がかかってしまいますが、人は少なく、穴場スポットなので、ほとんど人がいません。
人混みが嫌いな私にぴったりです。

折りたたみ座布団、虫除け、うちわ、おやつや飲み物を持参し、子供と一緒にのんびり座って花火を見ることが出来ます。

前の人のカメラや、頭で花火が見えなくて背伸びする必要もないため、子連れで花火大会を見るには絶好の穴場スポットだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする