混雑している花火大会では、水分の取り過ぎに要注意!

混雑している花火大会では、水分の取り過ぎに要注意!

花火大会に参加する上での裏ワザというか注意点なのですが、今まで水分補給にまつわる事でけっこう失敗してしまったことがあったので、これから参加しようと思う方にお伝えできたらな、と思います。

基本的に花火大会というのは夏場に行われるものですが、やはり会場をグルグル回るとのどが渇き、ジュースやビール程度の低アルコール飲料をガンガン飲んでしまいます。

…となると想像つくと思いますが、トイレが近くなってしまい、どうしてもトイレを使用する頻度が高くなってしまうわけですが、人混みで混雑しているようなエリアの公衆トイレというのはものすごい行列になってしまいますよね。
場合によっては1時間近く待たなければいけないこともあったり。

で、いざ自分の番になると今度は、トイレの汚れや臭いが普段とは段違いに強烈になっていて非常に不快な気分になってしまいます。

水洗の場合まだマシで、これが会場に特別に設置された仮設トイレ等であった場合、あまりの中の光景に意識が薄らいだことも…
しかし我慢できない場合はそこで用を足す他ないのですが、せっかくの浴衣が汚れてしまったこともあり、本当に苦い思い出です…。

大げさかも知れないですが、その後の気分もふさぎがちになってしまうこともあるので、花火大会の最中はあまりアルコールは取らない方がいいかも知れません。
花火大会の間は、水やお茶を少しずつ飲むようにし、花火が終わってから思いっきりビールを飲むようにしています。

子供の場合も同様で、ジュースではどうしても飲み過ぎてしまうため、お茶やお水をこまめに飲ませるようにした方がいいと思います。

子供の場合は大人程もトイレを我慢することは出来ませんし、まずトイレチェックをして、トイレの数が少ないなど混雑が予想されるようなら、思い切ってその場所は諦めることも肝心です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする