負担を減らして花火大会を楽しむには

負担を減らして花火大会を楽しむには

花火大会を観に行く時に浴衣で涼を楽しむのも素敵ですが、着なれない浴衣に下駄を履くのでいつものように軽快に歩くことが出来ませんよね。

歩く時間が長くなるほど鼻緒が指の間にくい込んできて痛みが出ることがあります。

観覧場所まで出来るだけ歩く距離を短くして、足に負担を掛けないのがオススメです。

電車や地下鉄を乗り継ぎ着いた頃には疲れてクタクタにならないよう、近くまで車やタクシーを使う方法や、観覧場所をお店のオープンテラスから座って観たりすると浴衣を着ていることを忘れるくらい快適に過ごせると思います。

そして、夜といえども蒸し暑いので、所持品として扇子を持っていくのが良いですね。

もちろん扇げるので団扇でも構いませんが、観覧中に飲み物を飲んだり、何か食べたりする時にとても邪魔になるんです。

扇子はたためますし、荷物にならないので持ち歩くのにも便利なので重宝します。

そして、子連れでの観覧は、必ず座って観覧することに気をつけてさえいれば大丈夫です。
子供は目を離した隙にどこに行くかわかりません。

ましてや辺りは暗く人も多いので、歩くときは手を繋ぎことです。子供はすぐ飽きるので、大人しく居させる為にも何かオモチャなどを持たせておくのも花火大会を楽しむ一つになると思います。

持ち物に折りたたみ座布団を追加しておくと、座るときでも着ているものが汚れず、また、固い地面に長時間座っていてもお尻が痛くならないので快適です!

 当サイトおすすめ記事はこちら 

要注意!子連れ花火大会は事前準備と持ち物が重要

子供のためにも花火大会で絶対に気を付けて欲しい事

東京近郊で子供向けの花火大会と、子供に不向きな花火大会

ズバリ教えます!穴場の花火大会と持ち物便利グッズ!

子連れ花火大会の必須アイテム!ゲーム機、おやつ、エアークッション!

女性向けエステ

英語上達の秘訣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする