子供と一緒に花火大会大宴会

子供と一緒に花火大会大宴会

花火大会の日には、通行止めになる道路があります。
そこに、仲間で場所取りをします。道路にシートを敷いて、宴会場所の確保です。

ドレスコードは浴衣です。
飲み物・食べ物は持ち寄りで、場所取り担当は、時間で交代制にします。

日中の暑さのせいで、アスファルトが熱を持っていて、座っていると下から温まり、いや、それどころか熱いくらいです。

なので、エアークッションは絶対必要な持ち物です! 
アスファルトの熱を空気の層で遮断し、かつ、長時間座っていても、お尻が痛くならないうってつけのグッズです。
時計を眺めながら、花火大会の始まる時間がとても待ち遠しいです。

子連れでの参加もあるので、子供達にはエアークッションに名前を書き、自分専用のものを作ってやります。

薄暗くなって来たら、花火が上がり始める前に、料理の味見・・乾杯の予行・・と、なし崩しで宴会が始まってしまうのが、ここ数年の習いです。

やっと始まるぞ!の、予告花火が上がると一気に盛り上がります。

周囲にも、宴会集団がびっしりといますので、打ち上げ花火への歓声がたくさんかぶり、大きなどよめきになります。
時には「たまや!かぎや~!」の掛け声も入り、宴会は絶好調です。

もうすぐ終わりそうになってくると打ち上げ数も半端なく、歓声も途切れることがありません。
小さな子供はびっくりして目をまんまるに、大きな子供は大喜びです。

最終の打ち上げの前には、これでもか!とばかりの数が打ちあがり、あ~もうすぐ終わりだなとわかるのです。

最終の打ち上げの後の、つかの間の静かさ・・例年のことですが、あ~終わってしまったと、さびしくなります。

また来年もここでやろうね。と約束しつつ後片付けをして、今年の夏のお楽しみが終わります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする