近場の花火大会の場合の過ごし方

近場の花火大会の場合の過ごし方

比較的近場の花火大会に参加する場合ですが、まず家から近いのでその日はいつもより少し早めの夕食を取ります。
そのあと近所のスーパーで飲み物を買い、多少のおやつも持参して徒歩で打ち上げ花火の会場へ向かいます。

まだ少し明るいくらいでの時間帯に行くのがおすすめです。
この時間帯だと人もまだ無茶苦茶多くはないので場所取りも比較的楽です。
ガラガラの花火大会なら問題ありませんが、混雑する花火大会での場所取りは、あまり広く取り過ぎると迷惑になってしまうので、折りたたみ座布団を人数分並べておく程度にした方がいいかと思います。

場所が決まったら屋台めぐりをします。
食事は大方済ませているので甘いものやおつまみになるものを見ます。
子供にはかき氷や冷やしバナナ等も人気ですね。

またこの時に近くのトイレの場所もチェックしておきます。
もちろん子供は自宅でトイレを済ませるようにしますが。

そして、子連れの場合は迷子対策もお忘れなく。
なにか目印になるものを1つ決めて、迷子になった場合の集合場所を決めておきましょう。

浴衣ならドレス風なものではなく、出来ればしっかり足元まで隠れる物の方が虫にも刺されにくいのでお勧めです。

一通りの作業が終わると花火大会が始まるのを待ちます。

ところによってはプログラムを係の方が配ってくださる場合もあるので、懐中電灯があると便利と思います。

花火大会が始まれば、のんびり座って花火大会を満喫しましょう。
折りたたみ座布団なら、空気の層があるので長時間座っていても快適です。
我が家はここ数年、レジャーシートではなくこの折りたたみ座布団を使っています。
この折りたたみ座布団は空気を抜けばコンパクトになるので邪魔にならないので、花火大会にかぎらず屋外で遊ぶ時はいつも持って行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする