花火大会の基本的なマナー

花火大会の基本的なマナー

夏のイベントの一つとして挙げられるのが花火大会で、大人から子供まで楽しみにしているイベントです。
そのため花火を見に行くという人も沢山いるので事前に場所取りをするという事もあるでしょう。

そこで花火大会の基本的なマナーについて確認していく事にしましょう。

河川敷などでは花火を見れるスペースは広くなっていますが、それと同時にたくさんの人がくるのでスペースに余裕があるわけではありません。
そこで人数分以外のスペースを占有してしまうと、他の人が見るスペースが足りなくなってしまいトラブルになってしまう可能性もあります。
まず、必要以上のスペースは占有しないようにして、お互い譲り合うという気持ちを心掛けるようにしましょう。

そのためには、広く場所を取ってしまうレジャーシートよりも、人数分だけの必要スペースのみ確保できるアウトドア向けの折りたたみ座布団がおススメです。

花火を見る時はその折りたたみ座布団を敷いて食べたり飲んだりしながら見る事になりますが、そうすると必ずゴミが出てしまいます。
ゴミをそのままにして帰ってしまうと他の人に迷惑がかかってしまい、あまりにも酷いと使用出来なくなってしまう可能性もあります。
ゴミ袋を持参して、自分達の出したゴミは持ち帰るようにしましょう。

花火大会で打ち上げられる花火はとても綺麗なので、時には気分が上がって騒ぎたくなってしまう事もあります。
つい盛り上がってしまい騒いでしまうという事もありますが、他の人もいるのであまり迷惑がかからない程度に気を付けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする